「Solid Figure ペーパークラフト」<立体図形>



思考開発テキスト6の「Solid Figure」<立体図形>。EQWELでは幼児の頃から、ジグソー・パズル、積み木、立体パズルなどを使って、図形感覚、立体図形感覚を養ってきましたが、その仕上げとして自分が作りたいものをイメージし、模型を作り、それを展開図としてまとめ、試作品を完成させていきました。

実際に取り組むと、頭の中のイメージは完璧なものの、なかなか思うように形にできません。まして球面や曲線になると尚更です。長さを計算し、測って作製したはずが「短い! のりしろと合わない!」「あっ、底面と側面が付かない」と何度も諦めそうに・・・。そこで、円錐や円柱、また複雑な立体は、長さ、形を正確にするために、模型は粘土を使わず、新聞紙で作ることにしました。テープで張り合わせ、何とか試作品を作り、それを展開図にし、型紙としました。それぞれの個人作業なのですが、友達同士助け合いながら、全員が完成させることができました。どの作品もとても素敵です。Y.T.